収入が全然ない人の場合、総量規制の適用対象になっている事業者からは、申し込みをしてもお金を借りることはできません。そういうわけで主婦が貸付してもらえるのは、銀行だけというのが実態です。収入証明書を取得しなければならないぶん、銀行と比較して消費者金融の方が審査が厳しいと言えます。それゆえ、多額の資金を調達したいのなら、銀行に話を持って行った方が賢明です。消費者金融については、申込人のプライバシー保護を最優先事項としているため、お金を借りる時に必要な勤め口への在籍確認に関する電話も、消費者金融からと勘付かれないようにしてくれるはずです。「家計にあまり響かない返済プランで融資を受けたい」という方は、低金利のフリーローンをチョイスすると良いのではないでしょうか?借金額が同じでも、返済する金額の合計が相当違ってくるはずです。申込に関する手続きのたやすさ、審査結果が提示されるまでのスピード、現金をゲットするまでの時間を総合して、一押しの消費者金融をランキング付けしてご案内中です。どこのカードローンを選定するのが最善策なのか比較するときに、把握しておいていただきたい点は「無利息の期間の長さ」、「その日のうちの入金ができるかどうか」、「収入証明書を用意しなくても申し込めるかどうか」の3点です。月末までに完済するなど、1ヶ月経つ前にお金を返すことが可能な人は、無利息サービスを提供しているカードローンを利用することを最優先に考えるべきだということです。おまとめローンを申請して借金するなら、やっぱり低金利が適用される銀行が良いでしょう。