消費者金融の申込申請時に、収入証明書として取り扱われる事が多いのが、収入をチェックできる給与支払明細書です。どうしてもこれが提出できないなら、収入証明書が必要となっていない銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。収入証明書が必要不可欠なぶん、銀行より消費者金融の方が手間が要されると感じるでしょう。ということで、大きな金額を借りたい時は、銀行に依頼した方が賢い選択と言えるでしょう。銀行取り扱いのおまとめローンは主要な消費者金融よりも低金利で、大きな額のローンの申請も受け付けいているので重宝するのですが、審査に受かるのが大変で日数もかかるのが難点です。カードローンの審査を通過することができない理由として、何より多いのが昔の未納履歴です。借り入れ件数にかかわらず、手堅く返済を行っている人というのは、金融会社側にとってはとても良い客なのです。