過去に地震があった時に死傷した方の理由で特に多いものが、火災や家具の下敷きになる圧死と言われています。何気なく設置してある調度品の散乱で大怪我を負ったり亡くなったりする可能性を少しでも減らす為には、はたしてどう処置すればよいのでしょう。圧死以外に、調度品の倒壊で逃道が塞がれ、出られなくなってしまうと言う事態もよく起こります。家具が倒れない様なアイテムも販売されていますから、こういった道具を買って壁面に据え置きしてください。キャンプ用具には、携帯し易くてどこであっても料理できるコンロ等も売られ、簡単に購入できます。実際に使いながらこう言ったアイテムの使い方に順応していれば、いざという事態にも自分自身の身内ですとか周囲の困っている人をも手伝ってあげられる訳ですから、ぜひ研究していきましょう。